芸能人・経営者のおくやみ情報

市川團十郎 氏(いちかわだんじゅうろう)

歌舞伎役者・11代目[日本]

(本名・堀越治雄)

1965年 11月10日 死去胃がん享年57歳

市川 團十郞(いちかわ だんじゅうろう、新字体:団十郎)は歌舞伎役者の名跡。
屋号は成田屋。
定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょよう ぼたん)。
役者文様は鎌輪ぬ(かまわぬ)。
解説 市川團十郎家は歌舞伎の市川流の家元であり、歌舞伎の市川一門の宗家でもある。
その長い歴史と数々の事績から、市川團十郎は歌舞伎役者の名跡のなかでも最も権威のある名とみなされている。
團十郎と関わりの深い名跡に市川海老蔵がある。
前期の市川團十郎には團十郎 → 海老蔵と襲名する例が目立ち、後期にはこれが逆転して海老蔵 → 團十郎と襲名する例が目立つようになる。
先代の十二代目團十郎が最初に襲名したのが市川新之助、その子で当代の海老蔵が最初に襲名したのも市川新之助だったため、市川宗家では新之助 → 海老蔵 → 團十郎と襲名するのが通例だと誤解されがちだが、実際にかつて新之助を名乗った者がのちに團十郎を襲名したのは、この十二代目の他には七代目と八代目があるのみである(詳細は「市川海老蔵」の項を参照)。

歌舞伎役者・市川團十郎。 数ある名跡の中でも、「市川團十郎」はもっとも権威あるものと捕らえられている。屋号は成田屋。元禄期から現在まで、12代を数える、「歌舞伎十八番」の“家元”。なぜか早死にや非業の死が多い。 (引用元 Hatena Keyword)

「市川團十郎」と関連する人物(故人)