芸能人・経営者のおくやみ情報

森戸辰男 氏(もりとたつお)

社会思想家、教育者、政治家[日本]

(初代広島大学学長)

1984年 5月28日 死去享年97歳

森戸辰男 - ウィキペディアより引用

森戸 辰男(もりと たつお、1888年(明治21年)12月23日 - 1984年(昭和59年)5月28日)は、日本の学者、社会思想家、教育者(初代広島大学学長・名誉教授)、政治家(衆議院議員、文部大臣)。
広島県広島市、福山市名誉市民。
文化功労者(1971年)、勲一等旭日大綬章(1974年)。
戦前には「危険思想」のかどで大学を追われたが、戦後は一転して教育界の「大御所」的存在となった。
来歴・人物 生い立ち 広島県福山東堀端(現・福山市)に旧福山藩士・森戸鸞蔵、チカの二男として生まれる。
福山中学校(現・福山誠之館高校)から1907年、第一高等学校進学。
前年校長に就任した新渡戸稲造の倫理の講義に感銘を受ける。
弁論部で活躍し、一高を卒業する1911年2月、弁論部の後輩・河上丈太郎に頼まれ大逆事件を主題とした徳冨蘆花の講演会「謀叛論」を開催。
これは一高始まって以来の思想をめぐる大騒動に発展した。
1914年、東京帝国大学法科大学経済学科卒業。
森戸事件 世は労働者のストライキが急増、小作争議が広がり、学生運動も台頭。

もりとたつお [生]1888.12.23.広島[没]1984.5.28.東京経済学者。1914年東京大学経済科卒業,16年同大学助教授。19年経済学部独立を機に発刊された機関誌『経済学研究』に発表した論文『クロポトキンの社会思想の研究』で朝憲紊乱(ぶんらん)の罪に問われ(→森戸事件),翌年母校を辞し,大原社会問題研究所に入り,ヨーロッパに留学。帰国後も同研究所に属して論壇で活躍。第2次世界大戦後日本社会党の結成に参加,入党,46年以降衆議院議員に3回当選,片山,芦田両内閣の文相として戦後の教育改革の実施責任者となったのをはじめ,中央教育審議会委員,会長などの要職をつとめ,50~63年広島大学学長,63~72年日本育英会会長などを歴任。71年文化功労者。主著『思想と闘争』『平和革命の条件』(1950)など多数。 (引用元 コトバンク)