芸能人・経営者のおくやみ情報

楫取魚彦

国学者歌人[日本]

(天明2年3月23日没)

1782年 5月5日 死去享年60歳

楫取魚彦 - ウィキペディアより引用

楫取 魚彦(かとり なひこ、享保8年3月2日(1723年4月6日) - 天明2年3月23日(1782年5月5日))は、江戸時代中期の国学者・歌人。
本姓は伊能氏で、父は伊能景栄(かげまさ)。
名は景良。
通称は茂左衛門。
号は青藍・茅生庵(ちぶあん)。
生れは下総国香取郡佐原(現香取市)。
同郷で遠縁の親族が測量家の伊能忠敬(伊能三郎右衛門家)である。
はじめは俳諧をたしなみ、建部綾足の門に入って片歌をつくり、あわせて画を学んだ。
画は余技であったためその作域は狭く、水墨の四君子、騰鯉図、富士山図、猩猩図などに限られている。
その後、賀茂真淵に師事して古学を修め、仮名遣いの書「古言梯(こげんてい)」を編集・出版した。
賀茂真淵の四天王と称揚される。
著書には「古言梯」のほかに「万葉集千歌」「楢の嬬手(ならのつまで)」があり、歌集に「楫取魚彦家集」がある。

  • 題名
    古言梯標註
    著者
    楫取魚彦
    発売元
    万延堂
    発売日
    1900-01-01
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    楫取魚彦資料集
    著者
    発売元
    たけしま出版
    発売日
    2001-05
    新品価格
    ¥ 26,346 より
    中古商品
    ¥ 9,644 より
  • 題名
    古言梯標註
    著者
    楫取魚彦
    発売元
    英文蔵等
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    古言梯標註
    著者
    楫取魚彦
    発売元
    英文蔵等
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

江戸後期の画家・国学者・歌人。下総生。姓は伊能、名は景良、号に青藍・茅生庵、通称を茂右衛門。江戸に出て国学を賀茂真淵、画は建部凌岱に学び、古文・和歌・画を能くした。『古言梯』『万葉集千歌』等の著がある。天明2年(1782)歿、60才。 楫取魚彦 江戸中期の国学者・画家。下総生。姓は伊能、名は景良、通称は茂右衛門、号に青藍・茅生庵。賀茂真淵の高弟。画は建部凌岱に学び、特に鯉の画をと得意とし、また俳画も能くした。天明2年(1782)歿、60才。 (引用元 コトバンク)

「楫取魚彦」と関連する人物(故人)