芸能人・経営者のおくやみ情報

勝谷誠彦 氏(かつやまさひこ)

コラムニスト[日本]

2018年 11月28日 死去享年59歳

勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年12月6日 - )は、日本のコラムニスト、ライター、タレント写真家、元ジャーナリスト。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(マネジメント契約)。
日本写真家協会会員、株式会社世論社取締役、弟は大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授で内科医の勝谷友宏。
生い立ち 兵庫県尼崎市出身。
開業医(立花駅前の勝谷医院)の家に生まれる。
西宮市立の小学校を経て尼崎市立七松小学校から灘中学校に進学。
灘高校時代には生徒会長を務めるとともに、地学研究部に所属し全国各地で鉱物を採集した。
学校では教師を捉まえては議論を持ちかけるタイプの生徒であったが成績は悪く、特に数学と英語が苦手であった。
「最初から最後まで下から3番目とかだった」と回想している。
卒業に関しては「私と物理学」という作文を書いて何とか卒業を認めて貰ったという経緯もあるという。
大学受験では、現役時に筑波大学医学専門学群の受験に失敗している。
翌年には東京大学文科Ⅲ類に不合格となるも、早稲田大学第一文学部に合格(後に文芸専修に進む)。

テレビタレント、カメラマン兼ライター(文筆家)、コラムニスト、コメンテイター、編集者。 TV番組「たかじんのそこまで言って委員会」・「ムーブ!」などのレギュラーを務めている。 西原理恵子のマンガのキャラ「ほもかっちゃん」として有名。「ホモじゃないですよ」と本人談。 読売テレビ放送の「たかじんのそこまで言って委員会」の番組収録中「小池徹平ちゃんがお気に入り。やぎらゆうや君は成長したからダメ。」と発言した。 兵庫県出身、長野県在住。毎日更新する日記(さるさる日記)も評判。 きっこの日記(きっこのブログ)の情報源の一人であり、勝谷誠彦が廃刊せよと糾弾したメルマガのサイバッチ既報のようにイコールではない。きっことは知り合い。雑誌記事の作りと同じで、勝谷誠彦などの業界人や読者のネットユーザなど多数がデータマンとしてきっこに情報を渡し、きっこの日記の作者がアンカーマンとしてまとめているので、きっこの日記が恐るべき間違いと恐るべき真実の双方をネットで演出してしまい話題になるのである。 (引用元 Hatena Keyword)

「勝谷誠彦」と関連する人物(故人)