芸能人・経営者のおくやみ情報

中西悟堂 氏(なかにしごどう)

野鳥研究家歌人[日本]

1984年 12月11日 死去肝臓がん享年90歳

中西 悟堂(なかにし ごどう、1895年(明治28年)11月16日 - 1984年(昭和59年)12月11日)は、日本の野鳥研究家で歌人・詩人。
文化功労者。
天台宗僧侶。
日本野鳥の会の創立者。
本名は富嗣、悟堂は法名。
他に筆名として赤吉(しゃくきち)。
「野の鳥は野に」を標語に自然環境の中で鳥を愛で、保護する運動を起こした。
「野鳥」や「探鳥」は悟堂の造語。
生涯 幼少・青年期 1895年(明治28年)、石川県金沢市の長町に生まれ、富嗣と命名される。
祖父は加賀藩士。
父親は海軍軍楽隊教官だったが、悟堂の生後まもなく病死し、母は実家に帰ったまま行方不明となり、父の兄である伯父・悟玄の養子となる。
1900年、5歳で麻生区飯倉町の小暮小学校に入学(同小学校は江戸時代の寺子屋から続く伝統ある私立校)。
1907年(明治40年)、養父と祖母とともに神代村(現在の東京都調布市)の祇園寺に移住。
1911年(明治44年)、天台宗深大寺にて僧籍につく。
悟堂はこの時の法名。
翌年、天台宗学林(後の大正大学)2年に入る。
この頃より短歌を始め、次第に詩人と交わるようになり、その関心は短歌から詩へ移る。

なかにしごどう [生]1895.11.16.金沢[没]1984.12.11.横浜歌人,詩人。幼名,富嗣。少年時代に天台宗の僧籍に入り,悟堂と改名。1912年前後から歌作を始め,21年から詩作も発表しはじめた。歌集『唱名』(1916),『安達太良』(59),詩集『花巡礼』(24)などがある。野鳥研究家としても有名で,日本野鳥の会会長,中央鳥獣審議会委員などをつとめ,『虫・鳥と生活する』(32),『定本野鳥記』(62~66)など数多くの著書がある。77年文化功労者。 (引用元 コトバンク)