芸能人・経営者のおくやみ情報

串田孫一 氏(くしだまごいち)

哲学者詩人[日本]

2005年 7月8日 死去老衰享年91歳

串田 孫一(くしだ まごいち、1915年11月12日 - 2005年7月8日)は、日本の詩人、哲学者、随筆家。
東京市芝区生まれ。
父は三菱銀行会長の串田萬蔵。
駿河台や永田町や一番町に育つ。
暁星中学校から、1932年、東京高等学校 (旧制)文科丙類入学。
1938年、東京帝国大学哲学科卒。
中学時代から登山を始めた。
1938年、処女短編集『白椿』を刊行、戦前は上智大学で教える。
戦後、1946年に『永遠の沈黙 パスカル小論』を上梓、『歴程』同人となる。
旧制東京高等学校で教え、1955年、最初の山の本『若き日の山』を上梓、1958年、尾崎喜八らと山の文芸誌『アルプ』を創刊、1983年に終刊するまで責任編集者を務めた。
また矢内原伊作や宇佐見英治らが創刊した文芸誌『同時代』にも同人として参加。
東京外国語大学教授を務めたが65年退官。
同年から1994年までFMラジオ番組「音楽の絵本」でパーソナリティを務めた。
初見靖一の筆名をもつ。
サインを求められたとき本名の音をもじって「九四○五一」と書くことがあった。
著作は山岳文学、画集、小説、人生論、哲学書、翻訳など多岐にわたる。

  • 題名
    新選 山のパンセ (岩波文庫)
    著者
    串田孫一
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    356ページ
    発売日
    1995-06-16
    新品価格
    ¥ 530
    中古商品
    ¥ 242 より
  • 題名
    Coyote no.63 特集 串田孫一のABC
    著者
    発売元
    スイッチパブリッシング
    ページ数
    160ページ
    発売日
    2017-11-20
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 799 より
  • 題名
    文房具56話 (ちくま文庫)
    著者
    串田孫一
    発売元
    筑摩書房
    ページ数
    243ページ
    発売日
    2001-01-01
    新品価格
    ¥ 734
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    考えることについて (徳間文庫カレッジ)
    著者
    串田孫一
    発売元
    徳間書店
    ページ数
    349ページ
    発売日
    2015-05-01
    新品価格
    ¥ 7,400
    中古商品
    ¥ 419 より
  • 題名
    山のパンセ (ヤマケイ文庫)
    著者
    串田孫一
    発売元
    山と渓谷社
    ページ数
    512ページ
    発売日
    2013-09-20
    新品価格
    ¥ 1,188
    中古商品
    ¥ 700 より
  • 題名
    ギリシア神話 (ちくま文庫)
    著者
    串田孫一
    発売元
    筑摩書房
    ページ数
    241ページ
    発売日
    1990-01-01
    新品価格
    ¥ 626
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    若き日の山 串田孫一 (ヤマケイ文庫)
    著者
    串田孫一
    発売元
    山と渓谷社
    ページ数
    288ページ
    発売日
    2017-02-10
    新品価格
    ¥ 864
    中古商品
    ¥ 176 より
  • 題名
    鳥と語る夢
    著者
    串田孫一
    発売元
    筑摩書房
    ページ数
    211ページ
    発売日
    2002-04
    新品価格
    ¥ 1,728
    中古商品
    ¥ 1,199 より
  • 題名
    幸福論 (白水Uブックス1098)
    著者
    アラン
    発売元
    白水社
    ページ数
    305ページ
    発売日
    2008-11-13
    新品価格
    ¥ 1,404
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    ものの考え方
    著者
    串田孫一
    発売元
    学術出版会
    ページ数
    196ページ
    発売日
    2010-03-01
    新品価格
    ¥ 1,728
    中古商品
    ¥ 693 より

くしだまごいち [生]1915.11.12.東京[没]2005.7.8.東京哲学者,随筆家。東京高等学校を経て1939年東京大学哲学科卒業。山岳部の活動から生まれた短編集『白椿』(1938)が最初の著書。『冬夏(とうげ)』『歴程』などの同人に参加,東京外国語大学の教壇に立った(1950~56)。ブレーズ・パスカルやミシェル・エイケム・ド・モンテーニュの紹介,人生の愛や幸福,自然の風物,登山などを語る滋味にあふれた評論,小品,随筆などを書き続ける。主著『永遠の沈黙パスカル小論』(1946),『串田孫一著作集』(1967~68),画集『雲』(1971),詩集『羊飼の時計』(1953)など。 (引用元 コトバンク)

「串田孫一」と関連する人物(故人)