芸能人・経営者のおくやみ情報

清水俊二 氏(しみずしゅんじ)

映画字幕翻訳家[日本]

1988年 5月22日 死去食道がん享年83歳

清水 俊二(しみず しゅんじ、1906年11月27日 - 1988年5月22日)は、日本の映画字幕翻訳家、映画評論家、翻訳家。
東京帝国大学経済学部卒業。
約2,000本の映画字幕の他、ウイリアム・サロイヤン『わが名はアラム』、ミッキー・スピレイン『大いなる殺人』、アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』などアメリカ文学、ミステリ小説、映画関連本の翻訳をした。
特にレイモンド・チャンドラーが多く、『さらば愛しき女よ』、『かわいい女』、『長いお別れ』他、伝記など。
日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
東京府立第一中学校、第二高等学校、東京帝国大学経済学部卒業後、MGM映画大阪宣伝部に勤務。
1931年、楢原茂二の勧めで渡米、パラマウント映画の字幕製作を始める。
以後2,000本近い映画の字幕翻訳を行う。
高瀬鎮夫らと共に字幕翻訳界を牽引し続けた。
開戦により字幕の仕事が中断し、1941年、六興出版社創立に参画。
1950年に退社して映画字幕に専念。
1957年、映倫管理委員会審査員就任。
キャサリン・ヘプバーン主演『旅情』(1955年)の「ステーキが食べたくても、ペパロニを出されたらペパロニを食べなさい」という意味の台詞にあてた字幕「スパゲティを出されたら、スパゲティを食べなさい」が当時流行した。

しみず-しゅんじ 1906-1988昭和時代の映画字幕翻訳者。明治39年11月27日生まれ。昭和6年パラマウント映画に入社,ニューヨークで字幕づくりを担当。16年六興出版社の創立に参加。戦後,字幕翻訳にもどり,五十余年の間に洋画約2000本を手がける。レイモンド=チャンドラーの翻訳でも知られた。昭和63年5月22日死去。81歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「映画字幕(スーパー)五十年」など。 (引用元 コトバンク)