芸能人・経営者のおくやみ情報

コーリン・クラーク 氏Colin Grant Clark

経済学者[イギリス]

1989年 9月4日 死去享年85歳

コーリン・クラーク - ウィキペディアより引用

コーリン・グラント・クラーク(Colin Grant Clark、1905年11月2日 - 1989年9月4日)は、イギリス・ロンドン出身の経済学者。
1931年からケンブリッジ大学で、1942年からオーストラリアのクイーンズランド大学で経済学の教鞭を執った。
国民経済を考察するに際して、GNP概念を先駆的に用いた。
1941年「ペティ=クラークの法則」および「コーリン・クラークの産業分類」を考案する。
外交官・政治学者のグレゴリー・クラークは息子。
コーリン・クラークの産業分類 第一次産業 - 農業、林業、水産業など、狩猟、採集。
第二次産業 - 製造業、建設業など、工業生産、加工業。
電気・ガス・水道業 第三次産業 - 情報通信業、金融業、運輸業、販売業、対人サービス業など、非物質的な生産業、配分業。
なお、現代日本の産業分類では「電気・ガス・水道業」は第三次産業に分類されている。
ペティ=クラークの法則 ペティ=クラークの法則とは、経済社会・産業社会の発展につれて、第一次産業から第二次産業、第二次から第三次産業へと就業人口の比率および国民所得に占める比率の重点がシフトしていくという法則。

1905年11月2日、イギリスロンドン出身のオーストラリアの経済学者で1941年に「経済的進歩の諸条件?」にて産業構造を3つの次元に分類した。 第一次産業:人間が自然界から必要な物質を手に入れる。農業など。 第二次産業:手に入れた物質を加工する。小麦をパンにしたり、ゴムをタイヤにしたりなど。 第三次産業:加工した物質を配分する。運輸や通信など。 経済発展につれて第一次産業から第二次産業、第三次産業へと産業がシフトしていくことを提示した。これを「ぺティ・クラークの法則?」という。戦後の日本経済でも、この法則が観察された*1。 パラダイムが変化した現代社会においてこの理論は新たな局面を必要としていると思われる。 cf. (引用元 Hatena Keyword)

「コーリン・クラーク」と関連する人物(故人)