芸能人・経営者のおくやみ情報

岸田國士 氏(きしだくにお)

作家評論家[日本]

1954年 3月5日 死去享年65歳

岸田國士 - ウィキペディアより引用

岸田 國士(きしだ くにお、1890年(明治23年)11月2日 - 1954年(昭和29年)3月5日)は、日本の劇作家・小説家・評論家・翻訳家・演出家。
代表作に、戯曲『牛山ホテル』、『チロルの秋』、小説『暖流』、『双面神』など。
妹の勝伸枝は作家で、翻訳家・延原謙の妻。
長女は童話作家の岸田衿子、次女は女優の岸田今日子)、甥に俳優の岸田森がいる。
「ゼンマイの戯れ」なる映画脚本もある。
東京市四谷区(現・東京都新宿区)に和歌山県出身の陸軍軍人岸田庄蔵の長男として生まれる。
岸田家は旧紀州藩士の家系。
陸軍士官学校を経て少尉に任官、久留米の第48歩兵連隊に配属される。
文学への思い止み難く、父の勘当を受けながらも軍籍を離れ、28歳で東京帝国大学文科大学に選科生として入学。
フランス文学や近代演劇を学び、鈴木信太郎・辰野隆・豊島与志雄・関根秀雄らと親交をむすぶ。
著名な訳書はジュール・ルナール『にんじん』、『博物誌』、『ぶどう畑のぶどう作り』などで、今日でも重版されている。

劇作家。 娘は、岸田衿子(詩人・童話作家)と岸田今日子(女優)。 (引用元 Hatena Keyword)