芸能人・経営者のおくやみ情報

トーマス・ブレーク・グラバーThomas Blake Glover

貿易商人[イギリス]

(幕末に長崎で活躍)

1911年 12月16日 死去享年74歳

トーマス・ブレーク・グラバー - ウィキペディアより引用

トーマス・ブレーク・グラバー(英: Thomas Blake Glover、1838年6月6日 - 1911年12月16日)はスコットランド出身の商人。
武器商人として幕末の日本で活躍した。
日本で商業鉄道が開始されるよりも前に蒸気機関車の試走を行い、長崎に西洋式ドックを建設し造船の街としての礎を築くなど日本の近代化に大きな役割を果たした。
維新後も日本に留まり、高島炭鉱の経営を行った。
造船、採炭、製茶貿易業を通して、日本の近代化に貢献。
国産ビールの育ての親。
生涯 スコットランド・アバディーンシャイアで沿岸警備隊の1等航海士トーマス・ベリー・グラバー(Thomas Berry Glover)とメアリー(Mary)の間に8人兄弟姉妹の5人目として生まれる。
ギムナジウムを卒業した後、1859年に上海へ渡り「ジャーディン・マセソン商会」に入社。
同年9月19日(安政6年8月23日)、開港後まもない長崎に移り、2年後にはフランシス・グルームと共に「ジャーディン・マセソン商会」の長崎代理店として「グラバー商会」を設立し、貿易業を営む。

「トーマス・ブレーク・グラバー」と関連する人物(故人)