芸能人・経営者のおくやみ情報

森下整鎮 氏(もりしたのぶやす)

プロ野球選手、指導者[日本]

(別登録名 : 森下正弘・森下正夫)

2018年 10月26日 死去老衰享年86歳

森下 整鎮(もりした のぶやす、1933年9月4日 - )は、福岡県八幡市(現:北九州市八幡東区)出身の元プロ野球選手(内野手)・コーチ・監督、解説者・評論家。
1955年までの登録名は森下 正弘、1956年から1958年の登録名は森下 正夫。
来歴・人物 八幡高校2年生次の1950年に春の甲子園に出場。
中退して1951年に南海ホークスの実質的な二軍の南海土建野球部に入部。
同年末の南海土建野球部の解散を受けて、1952年に南海ホークスに入団。
「百万ドルの内野陣」のうち、飯田徳治、蔭山和夫、木塚忠助らがまだ現役だったが、二塁手・三塁手・遊撃手などをこなせるユーティリティープレイヤーだったこともあり、レギュラーを掴む。
1954年から1956年にかけて3年連続50盗塁を記録。
1954年にはベストナイン、1955年には盗塁王を獲得。
アキレス腱切断という大怪我に3度見舞われたが、3度とも無事に復帰。
盗塁数は減ったものの、しぶとい打撃で活躍し、1961年に2度目のベストナインを獲得した。
1966年に現役引退。
引退後は南海、中日、大洋のコーチなど(中日時代の1976年は二軍監督)、及び中京テレビの野球解説者を歴任。