芸能人・経営者のおくやみ情報

マルセル・デュシャン 氏Marcel Duchamp

画家[フランス]

1968年 10月2日 死去享年82歳

マルセル・デュシャン - ウィキペディアより引用

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 - 1968年10月2日)は、フランス生まれの美術家。
20世紀美術に決定的な影響を残した。
画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄した。
チェスの名手としても知られた。
ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy)という名義を使ったこともある。
2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 - 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 - 1919年)も美術家。
1955年にアメリカに帰化した。
概論 デュシャンはニューヨーク・ダダの中心的人物と見なされ、20世紀の美術に最も影響を与えた作家の一人と言われる。
コンセプチュアル・アート、オプ・アートなど現代美術の先駆けとも見なされる作品を手がけた。
デュシャンが他の巨匠たちと異なるのは、30歳代半ば以降の後半生にはほとんど作品らしい作品を残していないことである。

Marcel Duchamp (1887−1968) 芸術家。ダダイスト。 1887年にノルマンディに生まれた、20世紀を代表する芸術家…というより、20世紀の芸術思想を体言したアーティストといったほうが正しいかもしれない。つぎつぎと変遷した彼の作風と思潮を、一言でまとめて語ることは不可能だ。なぜなら、彼はスタイルを生み出しては捨てていったアーティストだからだ。デュシャンについては、芸術作品についての最後の判断を下すのは見る者なのだ」、「芸術作品は作る者と見る者という二本の電極からなっていて、ちょうどこの両極間の作用によって火花が起こるように、何ものかを生み出す」という、彼自身の言葉が何よりも雄弁に語っているように思われる。 ■絵画 http://www.beatmuseum.org/duchamp/images/m-nude2.jpg ↑「階段を降りる裸体 No.2」。 1911年の「国際現代美術展」に出品されたが、キュビスムによる作品と共に、轟々たる非難にさらされる。当時こうした絵画を描くことは、とりもなおさず精神障害の現れとさえ受け取られることもあった。「彼ら狂人には自然が、こういう風に見えているのだ、そうでなければこんな風な絵を描くなどということは考えられない」というのが群集側や一部の心理学者の主張だった。この時期の前後数年の間しか、デュシャンは油絵を描かなかった。彼は、ほかの同時代の画家が必死で手にしようとした、自分だけの絵画スタイルを捨てさることに、何の抵抗も持たなかった。同じスタイルによる「反復」で芸術を生み出すことなど、デュシャンには考えられないことだったのである。 ■レディ・メイド「作品」 http://www.beatmuseum …… (引用元 Hatena Keyword)