芸能人・経営者のおくやみ情報

ビアトリクス・ポターHellen Beatrix Potter

絵本作家[イギリス]

(ピーターラビットの生みの親)

1943年 12月22日 死去享年78歳

ビアトリクス・ポター - ウィキペディアより引用

ヘレン・ビアトリクス・ポター(英: Helen Beatrix Potter、1866年7月28日 - 1943年12月22日)はピーターラビットの生みの親として知られるイギリスの絵本作家。
ヴィクトリア時代の上位中産階級に生まれ、遊び相手も少ない孤独な環境で育つ。
教育は家庭で行われ生涯学校に通うことはなかった。
幼いころから絵を描くことを好み、多くのスケッチを残している。
さまざまな動物をペットとして飼育し、キノコにも興味を持ち学会に論文を提出したこともあった。
絵本作家としての原点は、1902年に出版された『ピーターラビットのおはなし』で、これは元家庭教師の子どもに描いて送った手紙が元になっている。
39歳で婚約するが、わずか1ヵ月後に婚約相手が死去する。
その後、たびたび絵本にも登場する湖水地方において念願の農場を手に入れ、47歳で結婚した。
結婚後は創作活動も少なくなり農場経営と自然保護に努めた。
死去後、遺灰はヒル・トップに散骨されている。
創作活動の期間は十数年と長いものではなかったが、ピーターラビットの絵本シリーズは児童文学の古典として、世界各国で親しまれている。

Beatrix Potter (1866〜1943) イギリスが生んだ英国の絵本作家、博物学者、ナチュラリスト。 ロンドンの裕福な家庭で少女時代を送り、1882年、初めてイギリスの湖水地方を訪れ、豊かな自然に魅せられ、自然研究に情熱を傾けるようになる。 1902年、自分の元家庭教師の息子にあてた絵手紙を原型とする絵本「ピーターラビットのおはなし」を出版。 後半生、47歳で結婚し湖水地方のソーリー村で農場の仕事に打ち込む。 自然環境保護団体ナショナル・トラストに、印税やキャラクターグッズの売上によって購入した土地を寄贈するなどの多大なる貢献をし、湖水地方の自然保護に情熱を注いだ。 日本では、埼玉県東松山市のこども動物自然公園内にビアトリクス・ポター資料館がある。 (引用元 Hatena Keyword)