芸能人・経営者のおくやみ情報

クリストファー・レンChristopher Michael Wren

建築家文学者[イギリス]

1723年 2月25日 死去享年92歳

クリストファー・レン - ウィキペディアより引用

サー・クリストファー・マイケル・レン(Sir Christopher Michael Wren, 1632年10月20日 - 1723年2月25日)はイギリスの建築家、天文学者。
イギリス王室の建築家であり、ロンドン大火からの復興を行い、バロック建築をイギリスに取り入れた人物、として知られている。
生涯 父親はウィンザーの首席司祭で、伯父はイーリーの司教で、二人とも高教会派の中心人物であった。
ウエストミンスター・スクールで教育を受け、15歳のときには外科医学校で解剖学の教師をしばらく務め、その後オックスフォードに赴き、のちに王立協会を創設する一派と親交をもつに至る。
その後数学者として活躍、1657年にはロンドン大学、1661年にはオックスフォード大学に戻り25歳で天文学教授に就任。
イープリンは彼を「奇蹟の若者」と呼び、ニュートンも彼を当時のもっとも優秀な幾何学者の一人であると考えていた。
図学特に遠近画法の科学的研究やイタリア人建築家ベルニーニなどの美学をもとに幾何学を研究テーマにしていたことから、建築や都市計画を自身の研究の応用分野として捉えていた。

「クリストファー・レン」と関連する人物(故人)