芸能人・経営者のおくやみ情報

リヒャルト・シュトラウスRichard Georg Strauss

作曲家[西ドイツ]

1949年 9月8日 死去享年86歳

リヒャルト・シュトラウス - ウィキペディアより引用

リヒャルト・ゲオルク・シュトラウス(Richard Georg Strauss、1864年6月11日 - 1949年9月8日)は、ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家のひとり。
交響詩とオペラの作曲で知られ、また、指揮者としても活躍した。
ウィーンのヨハン・シュトラウス一族とは血縁関係はない。
シュトラウスの生涯 出生とその成長 シュトラウスは、1864年6月11日にバイエルン王国のミュンヘンでミュンヘン宮廷歌劇場の首席ホルン奏者であったフランツ・シュトラウス(Franz Strauss, 1822年-1905年)の子として生まれた。
母親はミュンヘンの有名なビール醸造業者(プショール醸造所)の娘だった。
シュトラウスは幼いときから父親によって徹底した、しかし保守的な音楽教育を受け、非常に早い時期から作曲を始めた。
1882年にミュンヘン大学に入学するが、1年後にベルリンに移った。
そこでシュトラウスは短期間学んだ後、ハンス・フォン・ビューローの補助指揮者の地位を得、1885年にビューローがミュンヘンで辞任するとその後を継いだ。

Richard Strauss(1864年6月11日〜1949年9月8日) ドイツ出身の作曲家。 幾つもの優れた管弦楽曲だけでなく、ホフマンスタールやツヴァイク等の台本で、見事なオペラを作曲した。歌曲も数多く残している。 (引用元 Hatena Keyword)