芸能人・経営者のおくやみ情報

鶴見和子 氏(つるみかずこ)

社会学者・比較社会学[日本]

2006年 7月31日 死去大腸がん享年89歳

鶴見 和子(つるみ かずこ、1918年(大正7年)6月10日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の社会学者。
上智大学名誉教授。
国際関係論などを講じたが、専攻は比較社会学。
南方熊楠や柳田國男の研究、地域住民の手による発展を論じた「内発的発展論」などでも知られる。
来歴・人物 1918年(大正7年)東京府(現・東京都)生まれ。
元東京工業大学教授で、アメリカのプラグマティズムの紹介や思想の科学研究会、ベ平連の設立者として知られる哲学者鶴見俊輔は弟。
祖父は南満州鉄道初代総裁後藤新平、父は元厚生大臣鶴見祐輔。
妹の夫は法学者の内山尚三。
父方の従弟にベ平連の中心メンバーだった人類学者鶴見良行。
母方の従兄にインターナショナルの訳詞者となった共産党系演劇人佐野碩と武装共産党時代の指導者佐野博(碩と博の叔父が、元日本共産党委員長佐野学)。
さらに母方の一族には講座派の論客平野義太郎がいるといったエスタブリッシュメント家庭に育つ。
1939年津田英学塾(現・津田塾大学)を卒業し、渡米、1941年(昭和16年)にヴァッサー大学に哲学修士号を取得した。

つるみ-かずこ 1918-2006昭和後期-平成時代の社会学者。大正7年6月10日生まれ。鶴見祐輔の長女。昭和21年丸山真男,弟の鶴見俊輔と「思想の科学」を創刊。44年上智大教授。比較常民学の研究をすすめ,柳田国男,南方熊楠(みなかた-くまぐす)らの民俗学を分析,継承。内発的発展論をとなえた。平成18年7月31日死去。88歳。東京出身。津田英学塾(現津田塾大)卒。著作に「社会変動と個人」「漂泊と定住と―柳田国男の社会変動論」「南方熊楠―地球志向の比較学」,歌集に「回生」。 (引用元 コトバンク)