芸能人・経営者のおくやみ情報

松本幸四郎(まつもとこうしろう)

歌舞伎役者・7代目[日本]

1949年 1月28日 死去享年80歳

松本 幸四郎(まつもと こうしろう)は、歌舞伎役者の名跡。
屋号は高麗屋、定紋は四つ花菱(よつ はなびし)、替紋は浮線蝶(ふせ ちょう)。
七代目は日本舞踊藤間流の藤間勘右衛門も同時に名乗り、また八代目以降は日本舞踊松本流の宗家でもある。
本来は市川團十郎の弟子筋にあたる家だが、二代目松本幸四郎の実の父は二代目市川團十郎であったともいわれ、その縁からか、成田屋に市川團十郎の跡継ぎがいない場合には、常にこの高麗屋から養子が入って市川宗家を継いでいる。
初代 松本幸四郎 下総国香取郡の人、1674–1730。
門人から立役に出世。
久松小四郎 → 松本小四郎 → 初代松本幸四郎 二代目 松本幸四郎 初代の養子、1711–78。
実父は芝居茶屋の和泉屋勘十郎、実は二代目市川團十郎の実子とも。
初代松本七蔵 → 二代目松本幸四郎 → 四代目市川團十郎 → 二代目松本幸四郎 → 三代目市川海老蔵 三代目 松本幸四郎 二代目の子、1741–1804。

】 歌舞伎俳優。屋号、高麗屋(こうらいや)。(初世)[1674~1730]下総(しもうさ)の人。実事・荒事に長じた。(5世)[1764~1838]江戸の人。実悪に長じ、古今無双・三都随一といわれた名優。俗に、鼻高幸四郎ともよばれた。(7世)[1870~1949]三重の生まれ。11世市川団十郎・8世松本幸四郎・2世尾上松緑の父。時代物・舞踊・新作にすぐれ、当たり役の「勧進帳」の弁慶は有名。(8世)[1910~1982]7世の次男。東京の生まれ。時代物を得意とし、晩年は初世松本白鸚(はくおう)を名のった。文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)

「松本幸四郎」と関連する人物(故人)