芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・ベスト 氏George Best

元男子サッカー選手[イギリス]

2005年 11月25日 死去享年60歳

ジョージ・ベスト - ウィキペディアより引用

ジョージ・ベスト(George Best, 1946年5月22日 - 2005年11月25日)は、イギリス・ベルファスト出身の元サッカー選手。
北アイルランド代表であった。
ポジションはフォワード(ウイング)。
マンチェスター・ユナイテッドFCにおいてボビー・チャールトン、デニス・ロー等と共に「聖なる三位一体(ホーリー・トリニティ)」あるいは「黄金のトリオ」と呼ばれて1960年代に一時代を築き、それまで労働者階級のスポーツであったサッカーにおいて階級を超えた人気を博した。
アイドルのような容姿とピッチ上の活躍からエル・ビートルや5人目のビートルズと呼ばれた。
マンチェスター・ユナイテッドに在籍した11シーズンでリーグ優勝2回を果たし、1967-68シーズンには28得点を挙げ得点王に輝いた。
1968年にはUEFAチャンピオンズカップで優勝して史上最年少でバロンドールを受賞している。
プロ入り前 1946年5月22日、父ディッキー・ベスト、母アン・ベストの長男として北アイルランド・ベルファストに生まれた。

George Best (1946〜2005) 北アイルランド・ベルファスト出身のサッカー選手。1946年5月22日生まれ。 ポジションはFW。 北アイルランドの伝説的ドリブラー。その容姿から愛称は『エル・ビートル』(5人目のビートルズ)。ボビー・チャールトン、デニス・ロー?等と共に1960年代にマンチェスター・ユナイテッドFCの一時代を築いた。北アイルランド代表デビューは、1964年4月15日ウェールズ戦。代表通算37試合出場・9得点を記録。北アイルランド自体は決して強いチームではなかった為、FIFAワールドカップやUEFAヨーロッパ選手権など、大きな国際舞台で脚光を浴びることは無かった。 1961年、15歳でマンチェスター・ユナイテッドFCの下部組織に入団し17歳でファーストチームデビュー。在籍した11シーズンでリーグ優勝2回、1967-68シーズンには28得点を挙げ得点王に。同シーズンUEFAチャンピオンズカップも制覇し、1968年のバロンドールを受賞する。 輝かしいキャリアの反面、私生活ではトラブルも多く1984年には飲酒運転と警察官への暴行で逮捕された。アルコール依存症で体調を崩し、引退後は肝臓病を患い闘病生活が続き、2002年には肝臓の移植手術を受けた。2004年1月30日には飲酒運転で再び逮捕された。 2005年11月25日、59歳の若さで亡くなった。 (引用元 Hatena Keyword)