芸能人・経営者のおくやみ情報

リヒャルト・ワーグナーWilhelm Richard Wagner

作曲家指揮者[ドイツ]

1883年 2月13日 死去享年71歳

リヒャルト・ワーグナー - ウィキペディアより引用

ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner 発音例 、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。
ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。
ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。
呼称 日本語ではワーグナー、ワグナーと書かれることが圧倒的に多いが、専門書などではドイツ語発音の[va:gnɐ]や英語発音の[vɑːgnə](英)/[vɑːgnɚ](米)に近いヴァーグナー、ヴァグナーとも表記される。
日本語ではかつて、語尾の「-er」を母音化させない古典的な舞台ドイツ語の発音[va:gnər]をもとにしてワグネル、ヴァーグネルとも表記された。
フランス語では同言語の発音通則から外れて[vagnɛːr](ヴァグネール)と読む。
生涯 幼少期 1813年、ザクセン王国ライプツィヒに生まれる。

Richard Wagner 中期ロマン派を代表するドイツの作曲家。文筆家。 1813年ドイツ、ライプツィヒ生。1883年イタリア、ヴェネツィア没。 本名Wilhelm Richard Wagner。ドイツ語の発音に近いヴァーグナーとも表記される。その他に「ヴァグナー」「ワグネル」とも書かれることがある。 同時代の作曲家ブラームスおよび音楽評論家ハンスリック?としばしば対立した。従来のイタリア・オペラの概念を拡大して、音楽と劇を融合した「総合芸術」としての「楽劇」の構想を打ち出し、バイエルン王国の王、ルードヴィヒ2世?をパトロンにしてバイロイトに祝祭劇場を作った。このバイロイト祝祭劇場は現在でも毎年バイロイト音楽祭を開いており、世界各地から熱心なワグネリアンと呼ばれる人たちを集めている。 (引用元 Hatena Keyword)