芸能人・経営者のおくやみ情報

マルセル・ブロイヤー 氏Marcel Lajos Breuer

建築家、家具デザイナー[ハンガリー→アメリカ]

1981年 7月1日 死去享年80歳

マルセル・ブロイヤー - ウィキペディアより引用

マルセル・ブロイヤー(Marcel Lajos Breuer1902年5月21日-1981年7月1日)はモダニズムの建築家、家具デザイナー。
モジュール構造と単一形態の重要性を提示したモダニズムの父のひとり。
生涯 1902年、ハンガリーのペーチで生まれた。
1920年代、ブロイヤーはバウハウスで学び、後に同校の教官(マイスター)となった。
彼は芸術とテクノロジーの融合を説き、やがて木工工房を任されるまでになった。
後に、彼はベルリンで開業し、住宅や商業施設のデザインをした。
ブロイヤーの最も知られている作品は初めて曲げた金属パイプを使用した『ワシリー・チェア』であろう。
このパイプ椅子は、1925年に自転車のハンドルに着想を得てワシリー・カンディンスキーの為にデザインした。
自転車用の工具を使って簡単に組み立て・分解が可能で、大量生産にも向いていた。
1930年代に入り、ドイツ国内でナチスが台頭すると、ユダヤ人のブロイヤーはロンドンに移住した。
ロンドンでは、Isokon社に雇われていた。
当時、ブロイヤーは自分の長椅子をデザインする際にベニヤ板で金属のような曲面を構成することを試みている。