芸能人・経営者のおくやみ情報

毛利蔵人 氏(もうりくろうど)

作曲家[日本]

1997年 1月13日 死去胃がん享年48歳

毛利 蔵人(もうり くろうど、1950年5月20日 - 1997年1月13日)は日本の作曲家。
人物・来歴 兵庫県芦屋市に生まれる。
中学生の頃より独学でピアノと作曲をはじめた。
東京都立西高等学校卒業後、大学には進学せず、桐朋学園大学図書館に勤めながら、1971年から翌年にかけて桐朋学園大学教授の三善晃に作曲を師事。
1973年、弦楽四重奏曲第1番で第42回音楽コンクール作曲部門入賞。
作曲家グループの深新会、アンサンブル・ヴァン・ドリアン等に参加。
管弦楽曲、室内楽、歌曲、合唱曲などあらゆるジャンルの作品を書いた。
また、映画、舞台、テレビ、ラジオなどの音楽も数多く手がけた。
さらなる才能の開花を期待されていたが、胃癌のため46才という若さでこの世を去る。
とりわけ活躍が幅広く知られているのは、師匠の三善晃と共に作品に携わった、世界名作劇場の赤毛のアンの挿入歌(劇中音楽)を担当した事であろう。
そもそも毛利蔵人の名はペンネームであったが、後にこの名を本名として戸籍に登録した。
毛利はモーリス・ラヴェルに、蔵人はクロード・ドビュッシーにちなむものである。