芸能人・経営者のおくやみ情報

モンセラート・カバリェ 氏Montserrat Caballé

オペラ歌手・ソプラノ[スペイン]

(バルセロナオリンピックのテーマソングを歌う)

2018年 10月6日 死去享年86歳

モンセラート・カバリェ - ウィキペディアより引用

モンセラート・カバリェ(Montserrat Caballé, 本名:Maria de Montserrat Viviana Concepción Caballé i Folc、1933年4月12日 - )はカタルーニャ(スペイン)生まれのオペラ歌手(ソプラノ)で、優れたベルカント歌唱技術とロッシーニ、ベッリーニ、ドニゼッティらのベルカント・オペラの諸役での優れた歌唱で名高い。
プロフィール カバリェはバルセロナで生まれ、リセウ音楽院で学んだ。
1956年にバーゼル歌劇場に加わり、1957年『ボエーム』のミミ役でプロのオペラ歌手としてデビューした。
1960年/1961年シーズンには、ブレーメン歌劇場に登場した。
1962年、彼女はバルセロナに戻り、リセウ歌劇場(リセウ大劇場)での初舞台を踏む。
1964年、彼女はテノール歌手のベルナベ・マルティ(Bernabe Marti)と結婚した。
カバリェが世界的に知られるようになったきっかけは、1965年ニューヨーク市のカーネギー・ホールで行われた演奏会形式の『ルクレツィア・ボルジア』上演で、病気でキャンセルしたマリリン・ホーンの代役を務めたことである。

「モンセラート・カバリェ」と関連する人物(故人)