芸能人・経営者のおくやみ情報

サミュエル・コルトSamuel Colt

発明家[アメリカ]

(コルト社を設立し、リボルバー拳銃を普及させる)

1862年 1月10日 死去享年49歳

サミュエル・コルト - ウィキペディアより引用

サミュエル・コルト(英: Samuel Colt、1814年7月19日-1862年1月10日)は、アメリカ合衆国の発明家および工場経営者である。
コルト特許武器製造会社(現在はコルト製造会社)を創設し、リボルバー拳銃を普及させたことで広く知られている。
コルトの発明による産業への貢献は、武器歴史家のジェイムズ・E・サーヴンによって、「アメリカの武器の運命を作り上げた」と表現された。
生い立ちと青年時代 サミュエル・コルトの父親クリストファー・コルトはコネチカット州の農夫であり、転職して実業界に入った時に家族ごとハートフォードに転居した。
母親のサラ・コールドウェルはコルトが7歳になる前に死んだ。
コルトは8人兄弟で、男が5人、女が3人だった。
姉妹のうち2人は子供の間に死に、もう一人は後に自殺した。
しかし、コルトの兄弟は、コルトの職業に意味のある役割を果たした。
コルトの父親はコルトが11歳の時に再婚し、その時から継母のオリーブ・サージェントに育てられた。
コルトは若い時期に乗馬用拳銃を手に入れており、それに魅惑されたことが生涯の職業に導くことになった。