芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴォルフガング・パウリ 氏Wolfgang Ernst Pauli

物理学者[スイス]

(ノーベル物理学賞受賞)

1958年 12月15日 死去享年59歳

ヴォルフガング・パウリ - ウィキペディアより引用

ヴォルフガング・エルンスト・パウリ(Wolfgang Ernst Pauli, 1900年4月25日 - 1958年12月15日)はオーストリア生まれのスイスの物理学者。
スピンの理論や、現代化学の基礎となっているパウリの排他律の発見などの業績で知られる。
アインシュタインの推薦により、1945年に「1925年に行われた排他律、またはパウリの原理と呼ばれる新たな自然法則の発見を通じた重要な貢献」に対してノーベル物理学賞を受賞した。
生涯 パウリはウィーンでヴォルフガング・ヨセフ・パウリとベルタ・カミラ・シュッツの間に生まれた。
エルンストという彼のミドルネームは名付け親の物理学者エルンスト・マッハに敬意を表して付けられた。
パウリはウィーンのドブリンガー・ギムナジウムに入学し、1918年に優秀な成績で卒業した。
卒業わずか2ヵ月後に18歳の彼は、アインシュタインの一般相対性理論に関する人生最初の論文を発表した。
彼はミュンヘン大学に入学し、アルノルト・ゾンマーフェルトの下で研究を行なった。
1921年7月に彼は水素分子イオンの量子論に関する学位論文で博士号を取得した。