芸能人・経営者のおくやみ情報

上田萬年(うえだかずとし)

国語学者[日本]

1937年 10月26日 死去直腸がん享年71歳

上田 萬年(うえだ かずとし、1867年2月11日(慶応3年1月7日) - 1937年(昭和12年)10月26日)は、日本の国語学者、言語学者。
東京帝国大学国語研究室の初代主任教授、東京帝国大学文科大学長や文学部長を務めた。
小説家円地文子の父。
教え子に新村出、橋本進吉、金田一京助、亀田次郎らがいる。
また、文部省専門学務局長や、1908年に設置された臨時仮名遣調査委員会の委員等を務めた。
1908年帝国学士院会員。
生涯・人物 1867年(慶応3年)、尾張藩士の息子として江戸大久保の尾張藩下屋敷で生まれる。
名は「かずとし」と読むのが正式であるが、本人は「まんねん」という読みも採用しておりローマ字の Mannen というサインも残されている。
東京府第一中学変則科(現・都立日比谷)の同期には、澤柳政太郎、狩野亨吉、岡田良平、幸田露伴、尾崎紅葉らがいた。
またこの頃、教育令改正のため、のちに第一中学から新制 大学予備門へ繰上げ入学した。
その後、1888年(明治21年)帝国大学和文科(のちの東京帝国大学文科大学)卒業。