芸能人・経営者のおくやみ情報

ベルトルト・ブレヒト 氏Bertolt Brecht

作家[東ドイツ]

1956年 8月14日 死去心臓発作享年59歳

ベルトルト・ブレヒト - ウィキペディアより引用

ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht, 1898年2月10日 - 1956年8月14日)は、ドイツの劇作家、詩人、演出家。
本名:オイゲン・ベルトルト・フリードリヒ・ブレヒト (Eugen Berthold Friedrich Brecht)。
アウクスブルク出身。
ミュンヘン大学時代より文学活動を始め、1922年に上演された『夜うつ太鼓』で一躍脚光を浴びる。
代表作に『三文オペラ』『肝っ玉お母とその子供たち』『ガリレイの生涯』など。
第二次大戦中はナチスの手を逃れて各国で亡命生活を送り、戦後は東ドイツに戻り劇団ベルリーナー・アンサンブル (Berliner Ensemble) を設立、死去するまで活動拠点とした。
ブレヒトは政治やマルクス主義との関わりから、役への感情移入を基礎とする従来の演劇を否定し、出来事を客観的・批判的に見ることを観客に促す「叙事的演劇」を提唱した。
その方法として、見慣れたものに対して奇異の念を抱かせる「異化効果」を始めとするさまざまな演劇理論を生み出し、第二次世界大戦後の演劇界において大きな影響力を持った。

Bertolt Brecht ドイツの劇作家。 1898年、生まれ。1956年、死去。 1928年、クルト・ヴァイルとの合作『三文オペラ』で大成功を博す。29年から36年にかけて共産主義運動に参加。その後、ナチスの台頭によって故国を離れ、スカンディナヴィアから合衆国に亡命。その間、『ガリレオの生涯』(37年)、『肝っ玉おっかあ母とその子供たち』(39年)を書く。戦後、49年以降、東ベルリンに住み、劇団「ベルリーナー・アンサンブル」を結成し、字幕スライドや歌を用いた「異化」効果の理論に基づく政治演劇活動を展開。 (引用元 Hatena Keyword)