芸能人・経営者のおくやみ情報

ボリス・パステルナーク 氏Boris Leonidovich Pasternak

作家詩人[ソ連]

1960年 5月30日 死去肺がん享年71歳

ボリス・パステルナーク - ウィキペディアより引用

ボリス・レオニードヴィチ・パステルナーク(Борис Леонидович Пастернак、ラテン文字表記:Boris Leonidovich Pasternak、1890年2月10日 - 1960年5月30日)は、ロシアおよびソ連の詩人、小説家、文学翻訳者。
1960年、肺癌により死去。
詩集『我が妹 人生』はロシア語で出版された文学作品で最も影響力を持つ作品の一つである。
また、彼が翻訳したゲーテ、シラー、ペドロ・カルデロン・デ・ラ・バルカ、ウィリアム・シェークスピアの作品はロシアの民衆にとって未だ人気が高い。
ロシア国外においてパステルナークは『ドクトル・ジバゴ』の作者として最も名高い。
『ドクトル・ジバゴ』はソ連において発禁処分となり、密かに国外に持ち出され、1957年にイタリアで刊行された。
パステルナークは1958年にノーベル文学賞の受賞が決定したが、『ドクトル・ジバゴ』の出版とパステルナークのノーベル賞受賞は共にソ連共産党にとって侮辱的で許しがたい出来事であった。