芸能人・経営者のおくやみ情報

マルグリット・ロン 氏Marguerite Long

ピアニスト[フランス]

1966年 2月13日 死去享年93歳

マルグリット・ロン - ウィキペディアより引用

マルグリット・ロン(Marguerite Long, 1874年11月13日 - 1966年2月13日)は20世紀前半のフランスを代表するピアニスト・ピアノ教育者。
生涯 1874年11月13日、フランス南部のガール県ニームに生まれる。
ニーム音楽院で8歳上の姉クレールからピアノの指導を受けるが、当時視学官をしていたテオドール・デュボワ(のちのパリ音楽院院長)の勧めで1889年にパリ音楽院入学。
1891年、パリ音楽院ピアノ科を一等賞で卒業。
名教師として名高いアントワーヌ=フランソワ・マルモンテル(1816年-1898年)の息子アントナン・マルモンテル(1850年-1907年)の指導を受けつつ演奏活動を開始する。
1906年、大のフォーレ・ファンであった音楽学者のジョゼフ・ド・マルリアーヴと結婚。
新婚旅行の最中に呼び戻され、パリ音楽院の予備科講師となる。
1907年、急逝した師アントナン・マルモンテルのクラスを継ごうと高等科教授に立候補したが、当時の院長であったフォーレ(院長在職期間、1905年 -1920年)はロンより3歳若いアルフレッド・コルトーをどうしても教授にしたかったため、彼女に次の機会には必ず教授に推薦するからと手紙で約束し、引き下がらせた。

「マルグリット・ロン」と関連する人物(故人)