芸能人・経営者のおくやみ情報

草野心平 氏(くさのしんぺい)

詩人[日本]

1988年 11月12日 死去急性心不全享年86歳

草野心平 - ウィキペディアより引用

草野心平(くさの しんぺい、1903年(明治36年)5月12日 - 1988年(昭和63年)11月12日)は日本の詩人。
福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身。
5人兄弟の次男として生まれる。
兄の草野民平(くさの みんぺい、1899年(明治32年) - 1916年(大正5年))、弟の草野天平(くさの てんぺい、1910年(明治43年) - 1952年(昭和27年))も詩人。
1919年、磐城中学(現・福島県立磐城高等学校)を4年生で中退したのち上京し、1920年、慶應義塾普通部3年次に編入。
同年、同校を中退し、1921年、中国の広東嶺南大学(現・中山大学)に進学する。
1925年(大正14年)排日運動により、帰国。
詩作はこの留学中に開始されている。
1923年(大正12年)には、民平と自己の詩をおさめた『廃園の喇叭』を自費出版(この時は一時帰国していたため、出版地は日本)。
帰国後、雑誌『銅鑼』を主催し、ここに宮沢賢治や八木重吉らを同人に誘い、彼らの作品の紹介に努めた(彼らの没後まで心平は紹介を続けたが、生前に直接面識を得ることはなかった)。

詩人。1903〜1988 福島県、現いわき市生まれ。中国広東省の現中山大学に留学。「蛙の詩人」と称された。宮澤賢治を世に紹介した功績も高く評価されている。 (引用元 Hatena Keyword)