芸能人・経営者のおくやみ情報

フローレンス・ナイチンゲールFlorence Nightingale

看護婦、看護教育者[イギリス]

1910年 8月13日 死去享年91歳

フローレンス・ナイチンゲール - ウィキペディアより引用

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale、1820年5月12日 - 1910年8月13日)は、イギリスの看護師、社会起業家、統計学者、看護教育学者。
近代看護教育の母。
病院建築でも非凡な才能を発揮した。
クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。
国際看護師の日(5月12日)は彼女の誕生日である。
ロンドンの聖トーマス病院に付属してナイチンゲール看護学校を設立、これは世界初の宗教系でない看護学校であり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンの一部となっている。
ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラトン学者、ベンジャミン・ジョウェットとも親しく交流した。
青年期 裕福なジェントリの家庭である両親の2年間の新婚旅行中にトスカーナ大公国の首都フィレンツェで生まれ、フローレンス(フィレンツェの英語読み)と名づけられる。

Florence Nightingale(1820年5月12日〜1910年8月13日) イギリスの看護師、統計学者。近代看護の創始者。 17歳のとき、初めて神の啓示を受ける。クリミア戦争に際し、38人の看護師・修道女を率いて敵・味方によらず傷病兵の看護に当たり、「クリミアの天使」と称された。 ロンドン帰還後は、看護学校を設立するなど、看護師の能力と社会的地位の向上に尽力する。 著作に『看護覚え書』など。 (引用元 Hatena Keyword)

「フローレンス・ナイチンゲール」と関連する人物(故人)