芸能人・経営者のおくやみ情報

グスタフ・シュトレーゼマンGustav Stresemann

政治家首相[ドイツ]

(ノーベル平和賞受賞)

1929年 10月3日 死去脳卒中享年52歳

グスタフ・シュトレーゼマン - ウィキペディアより引用

グスタフ・シュトレーゼマン(Gustav Stresemann、1878年5月10日 - 1929年10月3日)は、ドイツ・ヴァイマル共和政期の政治家である。
1923年8月から11月まで首相を務める。
外務大臣としても活躍し、1926年にフランス外相アリスティード・ブリアンと共にノーベル平和賞を受賞した。
自由主義政治家 ベルリンのビール醸造家兼宿屋の家庭に生まれる。
5人兄弟のうち彼のみがギムナジウムに進学。
学校の教科では歴史を好み、ナポレオンやゲーテといった偉人の伝記を読むことを好んだ。
1897年にアビトゥーアに合格し、翌年からライプツィヒ大学で史学と文学を学ぶが、途中で経済学に転じる。
学生時代は学生団体のスポークスマンを務めた。
1901年にベルリンの瓶ビール産業について書いた論文で博士号を取得。
彼が生まれ育った地区には中小企業の工場が多くあり、その見聞が彼の世界観形成に影響したと思われる。
同年から地元のチョコレート産業組合でロビイストとして働き始める。
1902年にザクセンの工業家組合の設立に参画し、翌年大学時代の学友の妹で実業家の娘・ケーテと結婚、2児をもうける。

Gustav Stresemann ドイツの政治家。 1878年5月10日、生まれ。 1926年にノーベル平和賞を受賞。 1929年10月3日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)