芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリク・ポントピダンHenrik Pontoppidan

作家[デンマーク]

(ノーベル文学賞受賞)

1943年 8月21日 死去享年87歳

ヘンリク・ポントピダン - ウィキペディアより引用

ヘンリク・ポントピダン(Henrik Pontoppidan、1857年7月24日 - 1943年8月21日)はデンマークの小説家。
1917年度ノーベル文学賞受賞。
デンマーク・フレゼリシアの牧師の家に生まれたが、聖職になるのを嫌い、大学で土木工学を修学する。
しかし、土木業もやめ、デンマークの国民高等学校の教師になった。
その後文学の道に目覚め、1881年に『教会の舟』で小説家としてデビュー。
代表作『約束の土地』などにみられるように社会の虚構を暴き、立ち向かう自然主義的作品で好評を博し、1917年、同じくデンマークの作家カール・ギェレルプと共にノーベル文学賞を受賞した。
主な作品 『教会の舟』(1881年) 『約束の土地』(1891年 - 1895年) 『幸福なペール』(1898年 - 1904年) 『死者の国』(1912年 - 1916年) 『人間の天国』(1927年) 関連項目 ノーベル賞。