芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフ・プリョイセン 氏Alf Prøysen

児童文学作家[ノルウェー]

1970年 11月23日 死去がん享年57歳

アルフ・プリョイセン - ウィキペディアより引用

アルフ・プリョイセン(Alf Prøysen, 1914年7月23日-1970年11月23日)は、ノルウェーの児童作家・歌手。
「スプーンおばさん」のシリーズが有名。
生い立ち ノルウェーのヘードマルク県(Hedmark)リングサーケル(Ringsaker)に、3人兄弟の末っ子として生まれる。
家庭が貧しく、幼少時から農場で働く。
学校へは行かなかったものの、空想力や歌唱力に富み、農村の祭などで自作の歌を披露し喜ばれた。
1945年には最初の短編集を出版、また1949年の『電燈にとまったツグミ』は、のちに映画化・ミュージカル化された。
彼の代表作となる「スプーンおばさん」シリーズは、1956年にスウェーデン語版が、翌年ノルウェー語版が出版されたのが始まりである。
これは世界18言語に訳され、やはり映画化された。
日本では1983年4月に、アニメがNHKにより放映されている。
作家として名を成してからも、歌謡を自作し続け、また各地の民謡を歌いに回った。
1970年、癌により、56歳で死去。
「スプーンおばさん」シリーズ スプーンおばさんは、普通のおばさんに見えるが、時折(必要もないのに)身体がティースプーンくらいに小さくなってしまう。

絵本作家 日本でアニメ化された「スプーンおばさん」の原作者 (引用元 Hatena Keyword)