芸能人・経営者のおくやみ情報

左幸子 氏(ひだりさちこ)

女優[日本]

2001年 11月7日 死去肺がん享年72歳

左幸子 - ウィキペディアより引用

左 幸子(ひだり さちこ、1930年6月29日 - 2001年11月7日)は、日本の女優。
富山県下新川郡朝日町出身。
本名、額村幸子。
妹は同じく女優左時枝。
元夫は映画監督の羽仁進(1959年結婚、1977年離婚)。
娘はエッセイストの羽仁未央。
人物・来歴 骨董店を営む両親の三男五女の長女として生まれ、東京女子体育専門学校(現・東京女子体育大学)卒業後、都立第五商業高校ならびに國學院大學久我山中学校の体育・音楽教師をしながら俳優座の委託生となり演技を学ぶ。
女優の左時枝は末妹にあたる。
1951年に『家庭よみうり』のカバーガールを務めたことから新東宝の野村浩将の目にとまり、1952年に野村の勧めで『若き日のあやまち』に主演する。
以降、『女中っ子』(1955年、由起しげ子原作)、『暖流』(1957年、監督:増村保造)、『拝啓天皇陛下様』(1963年、監督:野村芳太郎)、『軍旗はためく下に』(1972年、監督:深作欣二)、『はだしのゲン』(1976年)などの映画に出演。

ひだり-さちこ 1930-2001昭和後期-平成時代の女優。昭和5年6月29日生まれ。昭和27年「若き日のあやまち」で映画デビュー。「女中ッ子」「神阪四郎の犯罪」で注目される。38年「彼女と彼」「にっぽん昆虫記」でおおくの映画賞を受賞。昭和34年に映画監督の羽仁進と結婚。のち離婚。娘にエッセイストの羽仁未央。作品はほかに「飢餓海峡」など。平成13年11月7日死去。71歳。富山県出身。東京女子体育専門学校卒。本名は額村(ぬかむら)幸子。 (引用元 コトバンク)