芸能人・経営者のおくやみ情報

ルロイ・アンダーソン 氏Leroy Anderson

作曲家[アメリカ]

1975年 5月18日 死去肺がん享年68歳

ルロイ(リロイ)・アンダーソン(Leroy Anderson、1908年6月29日 - 1975年5月18日)は、アメリカの作曲家。
軽快で諧謔性に富んだ曲調の管弦楽曲で知られる。
ほとんどの作品はアーサー・フィードラーの指揮するボストン・ポップス・オーケストラによって紹介された。
作曲家ジョン・ウィリアムズは「アメリカ軽音楽の巨匠」と評している。
生涯 スウェーデン移民の両親の許にマサチューセッツ州ケンブリッジにて生まれる。
教会オルガニストを務める母親からピアノの手ほどきを受けた。
父親は郵便局員であったが音楽好きで、家庭ではマンドリンやバンジョーをたしなんでいたという。
地元のハイスクールでラテン語教育を受けた後、1926年にハーバード大学に入学。
楽理をウォルター・スポールディングに、対位法をエドワード・バランタインに、和声をジョルジェ・エネスクに、作曲をウォルター・ピストンに学ぶ。
ニューイングランド音楽院にも通い、ヘンリー・ギデオンにピアノを、ガストン・デュフレーヌにコントラバスを師事。

Leroy Anderson(1908-1975) 作曲家 1908年6月29日、マサチューセッツ州ケンブリッジに生まれる。 1929年ハーバード大学卒。当初は語学教師を目指していたが、エネスコ やピストンに作曲を学ぶ。作曲や編曲以外にも、バンドや合唱の指揮、 オルガン、コントラバス、チューバ、ピアノ演奏など音楽的に多才だっ たため、1935年から本格的に音楽に専念する。 ボストン・ポップスのレジデント・コンポーザーとして活躍し、 「アメリカのヨハン・シュトラウス」と呼ばれ親しまれた。 1975年5月18日、コネティカット州ウッドベリーで死去。 アンダーソンの曲は、名前を知らない人でも、一度は耳にしたことのある ものばかり。子供から大人まで多くの聴衆に愛される小品を多く残した。 なお自作自演の貴重な録音も残されている。 「ルロイ・アンダーソン・コレクション自作自演」MVCE 30033-30034 【代表作】 そりすべり トランペット吹きの休日 シンコペイテッド・クロック タイプライター ワルツィング・キャット (引用元 Hatena Keyword)