芸能人・経営者のおくやみ情報

入江相政 氏(いりえすけまさ)

歌人、随筆家、侍従長[日本]

1985年 9月29日 死去虚血性心不全享年81歳

入江 相政(いりえ すけまさ、1905年(明治38年)6月29日 - 1985年(昭和60年)9月29日)は、日本の官僚、歌人・随筆家である。
昭和天皇の侍従・侍従長を長く務めた。
従二位勲一等旭日大綬章、勲一等瑞宝章、紺綬褒章・賞杯。
堂上華族の入江家出身。
歌人・柳原白蓮の甥であり、元岩崎勝商事社長・岩崎勝太郎は相政の義弟にあたる。
1905年(明治38年)6月29日、東京府東京市麻布区笄町(現・東京都港区西麻布)で、入江為守子爵・貴族院議員の三男として生まれる。
兄に入江為常。
生家は歌道冷泉派の宗家・冷泉家の流れを汲む「歌の家」。
冷泉家・入江家の通字は家祖・冷泉為相の名から取った「為」だが、入江家では同じく「相」の字も通字として用いられたため、相政と名付けられた。
父・為守は冷泉家の当主・冷泉為理の次男で、後には東宮侍従長や皇太后宮大夫を務めた。
為守は、冷泉家分家の入江家当主で従兄でもある入江為福の養子となった。
母・信子は柳原前光伯爵の長女で、柳原白蓮の異母姉、大正天皇の生母・柳原愛子の姪にあたる。

随筆家・宮内庁侍従長。東京生。東大卒。冷泉家の分家、入江家の三男。昭和9年(1934)学習院大教授から侍従となり、51年間昭和天皇に仕える。両陛下の訪欧、訪米の随員を務めた。随筆家としても知られ、『侍従とパイプ』『天皇さまの還暦』等数多くの著書を通じて「人間天皇」の素顔を国民に紹介、また冷泉家伝来の古文書や公家屋敷の調査・公開等で大きな役割を果たした。昭和50年勲一等瑞宝章受章。昭和60年(1985)歿、80才。 (引用元 コトバンク)