芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・ペティWilliam Petty

測量家、経済学者[イギリス]

(古典派経済学と統計学の始祖)

1687年 12月16日 死去享年65歳

ウィリアム・ペティ - ウィキペディアより引用

サー・ウィリアム・ペティ(英: Sir William Petty、1623年5月27日 - 1687年12月16日)は、イギリスの医師、測量家、経済学者。
労働価値説を初めて唱え、また、政治算術派の先駆となったことから、古典派経済学と統計学の始祖ともいわれる。
ハンプシャー州生まれ。
オックスフォード大学の解剖学教授やアイルランドの軍医総監などをつとめた。
子孫はホイッグ党 – 自由党の名門ランズダウン侯爵家として現在も続いている。
1623年、ハンプシャー州ロムジー市で織元の第3子として生まれ、上の兄姉が早くに亡くなったため、事実上の長男として育つ。
1637年、14歳のときイギリス商船の水夫となったが、10ヶ月間の航海の後、フランスのカーン市に置き去りにされた。
カーンにあるイエズス会のカレッジで学芸(リベラル・アーツ)を学び、1640年頃にイギリスに帰国。
1643年にオランダへ渡航するまでイギリス国王の海軍で勤務した。
1644年にライデン大学の医学部に入学。
ライデン大学でフランシス・シルヴィウス教授から、解剖学と医化学を学んだと推測される。