芸能人・経営者のおくやみ情報

大津あきら 氏(おおつあきら)

作詞家[日本]

1997年 4月10日 死去直腸がん享年48歳

大津 あきら(おおつ あきら、1950年2月4日 - 1997年4月10日)は日本の作詞家。
本名、大津 彰(読み同じ)。
山口県長門市仙崎出身。
山口県立水産高等学校を経て慶應義塾大学法学部卒業。
大学時代に慶應の一年先輩であったつかこうへいと出会い、つかこうへい劇団で数々の舞台劇中歌の作詞・作曲を手がける。
大学卒業後もつかこうへい劇団での劇伴を中心とした音楽活動を継続していた(このころ、つかこうへい劇団に所属していた女優の根岸季衣と結婚している)が、1982年に中村雅俊に提供した『心の色』がヒット(第15回日本作詞大賞・大衆賞を受賞)し、これをきっかけにして本格的に作詞家としての活動を始める。
以後、中村の他、高橋真梨子・矢沢永吉・中森明菜をはじめとする数多くのミュージシャンに歌詞を提供した。
特撮番組・アニメ番組の主題歌の作詞も多く手がけている。
また、早梨絵、走水ゆうのペンネームも持つ。
1997年、直腸ガンにより47歳の若さで死去。
現在は実家のあった山口県長門市に眠る。
亡くなる3ヶ月前から放送された『マッハGoGoGo』(第2作)のOPが、作詞の最後の仕事である。

  • 題名
    輝きながら…
    著者
    大津あきら
    発売元
    TIS
    ページ数
    157ページ
    発売日
    1989-04
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,108 より

作詞家 1950年(昭和25年)2月4日生まれ、山口県防府市出身 慶應義塾大学在学中にバンドを結成するが、大学卒業とともに解散。 その後作詞家に転向し、クリエーションに提供した「ロンリーハート」が最初のヒット曲となった。また、つかこうへいとの交友もあり、彼の作品に楽曲提供をしていた。 1981年(昭和56年)に女優の根岸季衣と結婚。翌1982年に中村雅俊に提供した「心の色」が大ヒットして一躍有名作詞家となり、日本作詞大賞大衆賞を受賞した。 その後も西城秀樹、杉山清貴、男闘呼組、infix、坪倉唯子など数々のアーティストに詞を提供し、ヒット曲を生み出していった。 1997年(平成9年)4月10日に直腸がんのため死去。享年47歳。 (引用元 Hatena Keyword)