芸能人・経営者のおくやみ情報

ノーマン・ロックウェル 氏Norman Rockwell

画家イラストレーター[アメリカ]

1978年 11月8日 死去享年85歳

ノーマン・ロックウェル - ウィキペディアより引用

ノーマン・ロックウェル(Norman Rockwell、1894年2月3日 - 1978年11月8日)は、アメリカ合衆国の画家、イラストレーター。
軽いタッチでアメリカ合衆国の市民生活を描き、アメリカ合衆国で幅広い大衆的人気を持つ。
祖先はイングランド系。
ニューヨークで生まれ、美術学校を出てから、アメリカ・ボーイスカウト協会の雑誌などに絵を書き始める。
ボーイスカウト運動に対して多大な貢献を果たしたことに対して、後に、世界で十数人しか与えられていない功労賞(シルバー・バッファロー章)が贈られている。
田舎町の庶民の哀歓や暖かな人間関係を描いた画家だが、彼自身が育った家庭はそれとは異なり、大都市の裕福な家庭に生まれ、両親に対して親愛の情を抱くことがなかったという。
彼の絵は1916年から1963年にかけて『サタデー・イーブニング・ポスト』紙の表紙を飾ったが、とりわけ1940年代から1950年代のものが人気がある。
彼の絵は商業主義的で一部の近代美術批評家からはまじめな画家とは扱われず、イラストレーターと呼ばれることもあるが、アメリカ合衆国の市民生活の哀歓を巧みに描き、アメリカ人の心を捉えているため、最もアメリカ的な画家のひとりともいえる。

Norman Rockwell(1894-1978)ニューヨーク生まれ 「古き良きアメリカ」を代表する画家。米国では幅広い大衆的人気を持つ。 1916年から1963年まで雑誌「サタデーイブニングポスト」の表紙を描きつづけた。 コカ・コーラの古い広告で見る事ができる。 サンタのモチーフを好んだ。 アメリカのボストンより、2時間のところにあるロックウェル・ミュージアムは、映画会社ワーナーと世界一の映画監督、S・スピルバーグがメインスポンサーになって作り上げた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ノーマン・ロックウェル」と関連する人物(故人)