芸能人・経営者のおくやみ情報

アーヴィング・ラングミュア 氏Irving Langmuir

化学者物理学者[アメリカ]

(ノーベル化学賞受賞)

1957年 8月16日 死去享年77歳

アーヴィング・ラングミュア - ウィキペディアより引用

アーヴィング・ラングミュア(Irving Langmuir, 1881年1月31日 - 1957年8月16日)は、アメリカ合衆国の化学者、物理学者である。
1932年に界面化学の分野への貢献でノーベル化学賞を受賞した。
コロンビア大学を卒業後、ゲッティンゲン大学で、ヴァルター・ネルンストのもとで化学を学び、1909年からゼネラル・エレクトリックの研究所で研究を始め1950年まで在籍した。
また、「事実でない事柄についての科学」を病的科学として定義したことでも知られている。
業績 不活性ガス封入によるタングステン電球寿命の延長(1913年) ラングミュアの吸着式の提出 水素プラズマの研究→プラズマの命名(1928年)、静電探針を考案 高真空水銀ポンプの発明 ラングミュアの真空計の発明 ルイス-ラングミュアの原子価理論(1919年)→オクテット則 白金の触媒作用の研究 単分子膜(ラングミュア・ブロジェット膜:LB膜)の研究(1934年) キャサリン・ブロジェットとの共同研究 人工降雨の実験(1946年) 同じ研究所に所属していたバーナード・ヴォネガットが、ヨウ化銀が雲の核を形成に使えることを発見していた。