芸能人・経営者のおくやみ情報

ハリー・パークスHarry Smith Parkes

外交官[イギリス]

(幕末期から18年間駐日英国公使を務める)

1885年 3月22日 死去享年58歳

ハリー・パークス - ウィキペディアより引用

サー・ハリー・スミス・パークス(Sir Harry Smith Parkes、CGMG、KCB、1828年2月24日 - 1885年3月22日)は、英国の外交官で、幕末から明治初期にかけ18年間駐日英国公使を務めた。
来日まで イングランドのウェスト・ミッドランズのブロックスウィッチで鉄工場主の長男として生まれる。
しかし少年期に父母が死去したため、1841年に2人の姉を頼って清(中国)のマカオに赴き中国語の勉強をするかたわら公的な仕事に従事した。
1840年に勃発したアヘン戦争を目撃、1842年のコーンウォリス号上での南京条約調印にも立ち会った。
1843年、15歳で広東領事館に採用され、翌1844年、廈門の領事館通訳となった(この頃から領事ラザフォード・オールコックのもとで仕事をするようになった)。
1854年、廈門領事に就任。
1855年、全権委員として英・シャム条約締結。
1856年、広東領事としてアロー号事件に介入。
1860年9月、英仏連合軍の北京侵攻にあたり全権大使エルギン伯の補佐官兼通訳を務めたが、交渉中に清軍に拉致され翌10月まで北京で投獄された。