芸能人・経営者のおくやみ情報

マリア・ゲッパート=メイヤー 氏Maria Goeppert-Mayer

物理学者[ドイツ→アメリカ]

1972年 2月20日 死去享年67歳

マリア・ゲッパート=メイヤー - ウィキペディアより引用

マリア・ゲッパート=メイヤー(マリーア・ゲッパート=マイアー)(Maria Göppert-Mayer、1906年6月28日 - 1972年2月20日)は、ドイツ生まれのアメリカの物理学者。
数少ない女性のノーベル物理学賞受賞者の1人である。
ドイツ帝国・オーバーシュレジエンのカトヴィッツ(現在のポーランド領カトヴィツェ)に生まれた。
1910年父親のフレデリック・ゲッパートが小児医科の教授になるため、家族はゲッティンゲンに移住した。
マリアは大学の学生や講師、後のノーベル賞受賞者になる、フェルミやハイゼンベルク、ディラック、パウリらに囲まれて育った。
彼女自身もゲッティンゲン大学に学びボルンらの教えを受けた。
1930年にジョセフ・エドワード・メイヤーと結婚して、夫の国のアメリカに移住した。
夫も物理学者でその専門は統計力学、特に不完全気体の理論で知られる。
1931年から1939年までボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学で働き、1940年から1946年までコロンビア大学の研究員となり、1946年シカゴ大学の講師-準教授となった。