芸能人・経営者のおくやみ情報

フレッド・ホイル 氏Fred Hoyle

文学者SF作家[イギリス]

2001年 8月20日 死去享年87歳

フレッド・ホイル(Sir Fred Hoyle, 1915年6月24日 - 2001年8月20日)は、イギリスウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォード出身の天文学者、SF小説作家。
元素合成の理論の発展に大きな貢献をした。
現在の天文学の主流に反する数々の理論を提唱したことでも知られる。
SF作家としても有名で、息子であるジェフリー・ホイルとの共著も多い。
研究生活の大半をケンブリッジ大学天文学研究所で過ごし、同研究所所長を長年に渡って務めた。
天体物理学への貢献 ホイルの初期の論文では、人間原理が面白い使われ方をしている。
恒星内部での元素合成の経路を明らかにする過程で、ホイルは、ヘリウム原子核3個から炭素を生成するトリプルアルファ反応と呼ばれる核反応に注目した。
この反応が働くためには、炭素原子核がある特定の値のエネルギー準位を持っている必要がある。
宇宙には多量の炭素が存在しており、この炭素を材料として地球上の生命は存在しているが、このことはトリプルアルファ反応が実際に上手く働いたはずであることを示している。

Fred Hoyle 天文学者、SF作家。(1915-2001) イギリス生まれ。 「宇宙は、果てしなく膨張しているのでもなければ、膨張と収縮を繰り返しているのでもない。宇宙の大きさは一定であり、古い銀河系は消え去るかわりに、絶え間なく創造される水素が新しい銀河系をかたちづくってゆく」という、定常宇宙論(「絶え間ない創造」の理論)の提唱者の一人。*1 世界的な天文学者として知られる一方、1957年に長編SF『暗黒星雲』を発表。以後、多くの学術論文を発表する傍ら、『アンドロメダのA』や、時間テーマの傑作『10月1日では遅すぎる』など、SF小説も精力的に執筆した。 1972年、英王室よりナイトの称号を受け、サー・フレッド・ホイルとなる。 ○ (引用元 Hatena Keyword)