芸能人・経営者のおくやみ情報

リヒャルト・フォン・クラフト=エビングRichard von Krafft-Ebing

精神科医[オーストリア→ドイツ]

1902年 12月22日 死去享年63歳

リヒャルト・フォン・クラフト=エビング男爵(Richard Freiherr von Krafft-Ebing, 1840年8月14日 - 1902年12月22日)は、ドイツおよびオーストリアの医学者、精神科医である。
クラフト=エビングは、性的倒錯の研究書として著名な『性的精神病理』(Psychopathia Sexualis)を1886年に公刊した。
クラフト=エビングは、サディズムという用語を創案したことで、今日でもよく知られている。
また、同時代の作家であるレオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホの名からとってマゾヒズムという用語を造語した。
ザッハー=マゾッホは半ば自伝的な小説である『毛皮を着たヴィーナス』(Venus im Pelz)の中で、美しい女性に鞭打たれ、その奴隷となって従属させられる欲望を述べている。
クラフト=エビングは、フルネームを発音に応じて記述すると「リヒャルト・フライヘル・フォン・クラフトエビング」であるが、この名のなかの「フライヘル(Freiherr)」はミドルネームではなく、男爵に相当する貴族の称号である。

「リヒャルト・フォン・クラフト=エビング」と関連する人物(故人)