芸能人・経営者のおくやみ情報

平井康三郎 氏(ひらいこうざぶろう)

作曲家[日本]

2002年 11月30日 死去肺炎享年93歳

平井 康三郎(ひらい こうざぶろう、1910年(明治43年)9月10日 - 2002年(平成14年)11月30日)は、戦後日本の作曲家。
本名、平井保喜(ひらい やすき)。
高知県吾川郡伊野町(現:いの町)出身。
東京音楽学校バイオリン科卒業。
1936年(昭和11年)研究科作曲部修了。
1937年(昭和12年)から1947年(昭和22年)の期間、東京音楽学校で教鞭を取る傍ら、作曲活動を行い、「平城山」や「スキー」などを作曲した。
その後は、文部省教科書編纂委員として音楽教科書編纂等に携わる。
また、NHK専属作曲・指揮者、合唱連盟理事、日本音楽著作権協会理事、大阪音楽大学教授等を歴任。
1965年(昭和40年)、「詩と音楽の会」を結成。
日本の新しい歌曲、合唱曲集の創作活動を行う。
作品は、器楽、声楽(洋楽・邦楽)と広範囲にわたる。
小学校や中学校の校歌も数多く手がけた。
1973年(昭和48年)、紫綬褒章受章。
1982年(昭和57年)、勲四等旭日章受章。
1983年(昭和58年)、伊野町名誉町民。
1992年(平成4年)、よんでん芸術文化賞、毎日出版文化賞を受賞。

ひらい-こうざぶろう 1910-2002昭和-平成時代の作曲家。明治43年9月10日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)在学中「ゆりかご」などを作曲。昭和11年交声曲「不尽山をみて」が音楽コンクール第1位となる。のちNHKの専属作曲家として活躍。22年戦後最初の国定音楽教科書の編集にたずさわった。43年大阪音大教授。「詩と音楽の会」会長。作品に「平城山(ならやま)」「大仏開眼」,童謡「とんぼのめがね」など。妻はバイオリニスト平井友美子,長男はチェリスト平井丈一朗。平成14年11月30日死去。92歳。高知県出身。本名は保喜(やすき)。 (引用元 コトバンク)