芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョルジュ・バタイユ 氏Georges Bataille

作家[フランス]

1962年 7月8日 死去享年66歳

ジョルジュ・バタイユ - ウィキペディアより引用

ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(Georges Albert Maurice Victor Bataille、1897年9月10日 - 1962年7月8日)は、フランスの哲学者、思想家、作家。
フリードリヒ・ニーチェから強い影響を受けた思想家であり、後のモーリス・ブランショ、ミシェル・フーコー、ジャック・デリダなどに影響を及ぼし、ポスト構造主義に影響を与えた。
両親は無宗教であったが、本人の意志でカトリックに入信。
敬虔なクリスチャンとして過ごす。
その頃から神秘主義的な素養が芽生え始めている。
その後フリードリヒ・ニーチェの読書体験を通して1920年代の始めまでには無神論者となった。
「死」と「エロス」を根源的なテーマとして、経済学・社会学・人類学・文学・芸術・思想・文化・宗教・政治など多岐の方面にわたって執筆。
発表方法も批評や論文・評論、対談集から詩・小説・哲学書まで様々な形態をとる。
1922年に名門グランゼコールの一つである国立古文書学校を卒業後、パリ国立図書館に勤務していた。

Georges Albert Maurice Victor Bataille ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ 思想家・作家 1897年、生まれ。1962年、没。 フランスビヨン出身。 著書『眼球譚』『マダム・エドワルダ』『内的体験』『呪われた部分』『エロティシズム』『エロティシズムの歴史』『至高性』など。 また、当時の雑誌「ドキュマン」にて数々の独創的な思索を発表している。 なお、バタイユの妻であるシルヴィア・バタイユはジャン・ルノワール監督『ピクニック [DVD]』のヒロインを演じており、ジョルジュと離婚後はジャック・ラカンの妻となっている。 (引用元 Hatena Keyword)