芸能人・経営者のおくやみ情報

フレデリック・ミストラルFrederic Mistral

詩人[フランス]

1914年 3月25日 死去享年85歳

フレデリック・ミストラル(Frédéric Mistral) バラ科に属する花。
花弁の色はさまざまだが、主にピンク色がある。
フランスの詩人。
後述。
フレデリック・ミストラル(Frédéric Mistral、1830年9月8日 - 1914年3月25日)は、フランスプロヴァンス地方のマイヤーヌに生まれた詩人。
代表作に『ミレイオ』があり、この作品で1904年にノーベル文学賞を受賞した。
近代におけるプロヴァンス語の再興にも大きく貢献した。
その一端は、「フェリブリージュ」の創設などに見ることが出来る。
ノーベル文学賞の賞金で、アルルにアルラタン博物館を創設した。
この博物館ではプロヴァンスにゆかりのある様々なものが展示されており、中庭には世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一部をなす小集会場跡がある。
作品 『ミレイオ(Mirèio, プロヴァンス語。
フランス語ではミレイユ Mireille)』- プロヴァンス語による詩。
1859年 『プロヴァンスの少女:ミレイユ』杉富士雄訳、岩波文庫、1977年 Calendau- 1867年 Nerto- 1884年 La Reino Jano- 1890年 Lou Pouemo dou Rose- 1897年 Lis Isclo d'or- 1876年(決定版が1889年) Lis Oulivado- 1912年 Prose d'Armana- 全3巻の短編集。