芸能人・経営者のおくやみ情報

アーネスト・ラザフォードErnest Rutherford

物理学者[ニュージーランド→イギリス]

(「原子物理学の父」と呼ばれる)

1937年 10月19日 死去絞扼性ヘルニア享年67歳

アーネスト・ラザフォード - ウィキペディアより引用

アーネスト・ラザフォード(Ernest Rutherford, 1st Baron Rutherford of Nelson, OM, FRS, 1871年8月30日 - 1937年10月19日)は、ニュージーランド出身、イギリスで活躍した物理学者、化学者。
マイケル・ファラデーと並び称される実験物理学の大家である。
α線とβ線の発見、ラザフォード散乱による原子核の発見、原子核の人工変換などの業績により「原子物理学の父」と呼ばれる。
1908年にノーベル化学賞を受賞。
ラザフォード指導の下、チャドウィックが中性子を発見、コッククロフトとウォルトンが加速器を使った元素変換の研究、エドワード・アップルトンが電離層の研究でノーベル賞を受賞している。
後にラザホージウムと元素名にも彼は名を残している。
肖像画はニュージーランドの銀行券100ドル紙幣に採用されている。
生涯 1871年 - ネルソン近くのブライトウォーターで生まれる。
父はスコットランド・パース出身の農夫、母はイングランド・エセックス出身。
ラザフォード家12人兄弟の4子として生まれる。