芸能人・経営者のおくやみ情報

マン・レイ 氏Man Ray

画家写真家[アメリカ]

(本名・Emmanuel Rudnitsky)

1976年 11月18日 死去享年87歳

マン・レイ - ウィキペディアより引用

マン・レイ(Man Ray, 本名:エマニュエル・ラドニツキー Emmanuel Rudnitsky, Эммануэль Рудзицкий, 1890年8月27日 - 1976年11月18日)は、アメリカ合衆国の画家、彫刻家、写真家。
ダダイストまたはシュルレアリストとして、多数のオブジェを制作したことでも知られる。
レイヨグラフ、ソラリゼーションなど、さまざまな技法を駆使し、一方でストレートなポートレート(特に同時代の芸術家のポートレート)も得意とし、ファッション写真と呼べるような作品もあったりと、多種多様な写真作品群を残している。
生涯と作品 1890年、ペンシルベニア州、フィラデルフィアに、ユダヤ系ウクライナ人の父、ユダヤ系ベラルーシ人の母のもとに生まれる。
1897年、一家はニューヨーク市のブルックリン地区に引っ越す。
1904年、高校に入学し、製図を学ぶ。
卒業後は出版社で図案を作ることで生活を立てながら画廊に出入りするなどして画家として活動する。
1915年、フランスの詩人であるアドン・ラクロアと結婚し、この頃から本名のエマニュエル・ラドニツキーではなく(本名のEmmanuel Radnitzkyを縮めた)マン・レイと名乗るようになる。