芸能人・経営者のおくやみ情報

甲斐庄楠音 氏(かいのしょうただおと)

日本画家、風俗考証家[日本]

1978年 6月16日 死去喘息の発作享年85歳

甲斐庄 楠音(かいのしょう ただおと、1894年〈明治27年〉12月23日 - 1978年〈昭和53年〉6月16日)は、大正時代の日本画家、昭和20年代 - 30年代の風俗考証家である。
本姓は「甲斐荘」。
兄に高砂香料工業創業者である甲斐庄楠香がいる。
略伝 甲斐庄氏は楠木正成末裔を自称した一族で、江戸時代に徳川光圀の推挙で9500石の旗本となった裕福な武士であった。
父・正秀は甲斐庄氏の跡継ぎ養子となったものの、後に離縁となり別家を建てたという事情があり、その時の慰謝料で京都に広大な土地を購入した。
楠音はその父の元で経済的に恵まれた少年時代を送った。
しかし、幼少時から喘息を患い病弱であり、過保護に育てられた。
中学校に入学してから絵画への関心が高まり、京都市立美術工芸学校に入学し竹内栖鳳らに学ぶが、授業にほとんど出席しなかったため1年留年してしまう。
その後専門学校、研究科と進む中でいくつかの展覧会に出品し、村上華岳に認められるようになる。
1915年(大正4年)京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。

1894年〜1978 大正時代に、毒のある女性像で一世を風びした、男色家で女装家の、異色中の異色画家。京都の雅な家柄に生まれ、雅の底にある澱を見つめながら独特の美意識をはぐくんだ。 描くテーマはほとんど「女」。日本画によく見られる「花鳥風月」は皆無に等しい。女を描き出すことに生涯をかけ、ようやくたどり着いた方法は「自ら女を演じる」という表現方法だった。 だが、後半生は画壇を追われ、映画界へ。溝口健二監督の元で、「時代考証」「風俗考証」「衣装考証」等の役割で働くようになり、「雨月物語」ではアカデミー賞衣装部門にノミネートされた。 なお、岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」の表紙は、代表作の「横櫛」である。 (引用元 Hatena Keyword)